乳児湿疹を病院で診てもらうと処方されるワセリンって一体なに?

赤ちゃんのお肌にブツブツとした湿疹ができたり、赤くかぶれたりといった乳児湿疹ができるとまずは病院に連れて行かれるかと思いますが、病院ではワセリンを処方されることが多いです。

このワセリンというのは一体どんなものなのでしょうか?
ワセリンについて紹介します。

ワセリンって何?

病院で処方されたから何気なく普通に使っているワセリンですが、一体何かというと流動パラフィンという石油由来の鉱物油です。

鉱物油といえば、無添加化粧品の無添加対象となりやすい成分ですね。
無添加の対象となるくらいだからお肌にとって悪い成分なのでは?と考えてしまうかもしれません。

石油由来と聞くとお肌に良くないイメージがあり、植物由来と真逆といった感じですが、実際のところワセリンはお肌に対して負担の少ない成分です。

石油由来は×、植物由来は◯という認識であったなら認識を改めるべきでしょう。

低刺激で安全性が認められているからこそ、病院で処方されるわけです。

石油由来と植物由来の違いについては、例えば、流動パラフィンやミネラルオイルといった鉱物油は美容効果はありません。ただし酸化しないというメリットがあります。

一方で植物由来オイルでホホバオイルには火傷痕などに民間療法として使われてきたように保湿意外にもお肌に働きかける効果があったりします。効果はもちろん成分によって異なります。ただし、成分によっては酸化しやすいものもあります。

またワセリンによく似たヴァセリンというものも販売されています。

ヴァセリンはユニリーバが販売している商品名で、基本的にワセリンと中身は同じです。

ヴァセリンは化粧品扱いで、ワセリンは第3類医薬品扱いとなっていますが、違いはありません。

ワセリンの役割

では病院で処方される保湿剤のワセリンはどのような効果があるのでしょうか?

簡単にいうと、ワセリンは水を全く通さないので、皮膚に塗ることで皮膚に含まれている水分を閉じ込めることができます。

また、それ以外にも外からの刺激や物質の侵入からお肌を守る保護剤としての役割も持っています。

水を通さず、水やお湯で洗い流したくらいでは落ちないので、植物オイルよりも保湿効果の持続力は高いと言えます。

乳児湿疹ができたお肌というのは元気か弱っているかでいうと弱った状態です。

そんな弱った状態のお肌にさらなる刺激が加わったりすることからお肌を守るために病院で処方されるわけです。乾燥対策にもなりますし。

お肌の状態を健やかに導く毎日のスキンケアのベビーローションとは保湿という点では同じですが、ベビーローションはお肌の状態を整える成分や保水力のある成分なども配合されていてデイリー使いにおすすめです。

ワセリンは赤ちゃんのお肌の保護と保湿効果を持続させたいときにおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加