赤ちゃんの肌をトラブルから守る!乳児湿疹対策!

生まれてすぐの新生児から乳児と呼ばれるいわゆる赤ちゃんの時期にできるお肌の湿疹は乳児湿疹と呼ばれています。

あくまでも乳児湿疹は総称であり、実際には新生児ニキビや脂漏性湿疹、あせもやおむつかぶれ、アトピーなど様々な種類の湿疹に分かれています。

湿疹のできる箇所や痒みの有り無しなどである程度、どの種類の湿疹なのか判別することもできますが、判断が難しい症状もあります。

赤ちゃんは話すことができないので、特に湿疹の種類の特定は困難である場合が多いのが特徴です。

炎症が激しかったり、赤ちゃんが痒がったりするなど症状が悪化したらすぐに皮膚科や小児科に連れて行ってあげて炎症やかゆみを抑える薬を貰うことが大切ですが、ご家庭において日々のベビースキンケアを適切に行ってあげることによって乳児湿疹の予防対策となります。

ご家庭でできる乳児湿疹対策はとてもシンプルです。
それほど湿疹の種類に過敏になる必要もありません。

なぜなら、必要であり、可能なスキンケアというのは限られているからです。

赤ちゃんの皮膚というのは大人の半分以下の薄さであり、とても敏感。
そして、皮膚が薄いため水分の保持量も当然少なく乾燥しやすい傾向があります。
さらに、赤ちゃんの月齢に応じてお肌の環境にも変化があります。
生まれたばかりの赤ちゃんは皮脂分泌が多くなり、次第に落ち着いていくという傾向などがあります。

これらの特徴からわかる必要なスキンケアというのは、
低刺激かつ高保湿です。

さらにいうと、おむつかぶれの原因となるおむつ内の不衛生、新生児ニキビや脂漏性湿疹の原因となる皮脂、汗疹の原因となる汗などをこまめに取り除いてあげるケアも大切です。

それは清潔を保つということです。

赤ちゃんのお肌の環境を清潔に保ち、さらにお肌に刺激をできる限り与えず、乾燥から守り保湿してあげるケアが赤ちゃんに必要なスキンケアとなります。

シンプルでとても基本的なケアですが、とても大切なケアであり、乳児湿疹を予防する上で最も重要な対策となります。

清潔・低刺激・保湿を意識したベビー関連アイテムを選んであげましょう。
見直すべき点はたくさんあります。
ベビースキンケア化粧品だけでなく、洗濯用洗剤、タオル、衣類、ハウスダストなどトータル的に見直す必要があります。

一つ一つの見直しを繰り返すことによって乳児湿疹から赤ちゃんのお肌を守るための一番の対策となります。

乳児湿疹の対策に役立つアイテムや情報はこちら
乳児湿疹対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加