痒くてたまらない「あせも」のケア

乳児湿疹の中でもメジャーなのが「汗疹(あせも)」です。

名前の通り、汗が皮膚の中で詰まることによって起こる湿疹です。
子供の頃にあせもが痒くて痒くてたまらず、掻いてしまって悪化した覚えがある方も少なくないはずです。

そうです、実はあせもは大人よりも赤ちゃんにできやすいという特徴があります。

どうして大人よりも赤ちゃんの方があせもができやすいのかといいますと、
実は赤ちゃんの皮膚というのは大人に比べるととっても狭い表面積しかないにも関わらず、
なんと大人と同じだけの汗腺があるからです。

つまり、汗腺が密集しているために汗っかきであるということがいえます。

だからこそ、大人よりも赤ちゃんの方が汗疹ができやすいのです。

赤くて痒くてブツブツのあせもを防ぐために大切なケアをご紹介したいと思います。

まず当然ですが、汗をこまめに処理することが大切です。
赤ちゃんがたくさん汗をかいていたらコットンややわらかいハンドタオルなどで拭き取ってあげましょう。

汗とともに皮脂や大気中のホコリなどが肌に付着しお肌への刺激となることもあるので、
濡れたコットンやタオルでたまに拭いてあげることもオススメです。

とにかくお肌の清潔を保つことが一番のあせもケアとなりますので、
入浴時にしっかりと洗い流しお肌を清潔にしてあげましょう。

赤ちゃんの体を洗う際にはベビーソープや石鹸を使われると思いますが、
選ぶ際にはお肌に優しく、保湿力の高いものを選ぶことが重要です。

というのも、お肌への負担の大きい成分を配合したベビーソープなどを使用すると刺激によって別の肌トラブルが起こる可能性もありますし、赤ちゃんのお肌を拭いたり、洗ったりすることはお肌の皮脂を洗い流すことになります。余分な皮脂は洗い流した方がいいのですが、皮脂の奪い過ぎは乾燥を招く恐れがありますので禁物です。

あせもが悪化したら病院で診てもらうことも必要ですが、
まずはご家庭であせもができにくいようにお子様のお肌のケアを行ってあげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加