おむつかぶれはこれで防げる!予防対策法!

乳児湿疹の中でもよくあるのが「おむつかぶれ」だと思います。

おむつかぶれはひどくなると血が滲むような症状となりますので、
早め早めの対策がポイントとなります。

大切な我が子のお肌をおむつかぶれから守ってあげれるようにおむつかぶれに関する知識を身に付けておきましょう。

炎症がひどくなると炎症を抑えるためにまずは病院で薬をもらうことが大切です。
おむつかぶれに限らず乳児湿疹の症状が表れた際には炎症やかゆみといった症状をまずは抑えるために病院にいって薬を貰うことがおすすめです。

特に赤ちゃんはかゆみを我慢することは難しいため、
かゆみの伴う湿疹などの場合は寝ている間に掻いてしまったりして、症状が悪化するケースも多いため、薬などでかゆみなどを抑えてあげることが良いでしょう。

ママやパパが赤ちゃんのために気をつけてあげて欲しいことは
おむつかぶれができてからの対処というよりはおむつかぶれができにくいように普段の予防ケアです。

どういったことに気をつければ良いのかということは、
おむつかぶれがどうして起こるのかという原因を知ればわかりやすいと思います。

おむつかぶれというのは、おむつのギャザー部分などが肌に擦れてということも原因の一つではありますが、おむつ内の環境も影響しています。

赤ちゃんのおしっこやおむつ内でかいた汗や皮脂、うんちなどの排泄物などによっておむつ内の環境は悪化しがちです。

特に汗やおしっこ等によっておむつ内が蒸れていると雑菌が繁殖しやすくなりますし、
そういった状態が続いているとどんどんおむつ内の環境が悪くなっていきます。

そういったおむつ内環境の悪化は赤ちゃんの肌への刺激となり、おむつかぶれへとつながります。

つまり、おむつかぶれ対策として心掛けてあげて欲しいことは、
おむつ内の環境をできるだけ良い状態に保つことです。

そのためにはおむつをまずこまめに替えてあげることがとても大事です。
そして、オムツ交換の際にはお肌を濡れコットンやおしりふきなどでキレイに拭いてあげて下さい。

拭く際に使うコットンなどは低刺激なものを選ぶようにしましょう。
そしてポイントは濡れたコットンなどで拭いてきちんとお肌がサラサラに乾燥してから新しいおむつを付けてあげることです。

肌が湿った状態でおむつをつけると蒸れやすく雑菌などが繁殖しやすくなりますので、
乾いてからつけるのがポイントです。

そして、お風呂ではしっかりと汚れを洗い流してあげて下さい。
その際に使うベビーソープや石鹸などもお肌への優しさを重視し、保湿力の高いものを選ぶことをおすすめします。

是非お子様のおむつかぶれ予防の対策として参考にして頂ければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加