乳児湿疹ができたらベビーソープを見直しましょう!

大切な我が子の肌に乳児湿疹ができてしまった場合は、
ベビーソープを見直してみてはいかがでしょうか?

乳児湿疹ができる原因は様々考えられますので、
ベビーソープを変えたからといって改善しないこともあるとは思いますが、
赤ちゃんのお肌を健やかに保ち、乳児湿疹に強いお肌を育むために必要な「清潔」というケアに強く関わるベビーソープを見直すことは効果的です。

乳児湿疹予防対策として必要なケアは

赤ちゃんの肌を清潔に保つこと。
デリケートなお肌に負担を与えないこと。
乾燥しがちな肌に潤いを与えること。

です。

ベビーソープで洗うというのはお肌を清潔に保つうえで必要なケアですが、
成分によっては必要以上に皮脂を洗い落としてしまったり、
配合されている成分の刺激がお肌への負担となったりします。

そのため、ベビーソープの洗浄成分はとっても重要です。
硫酸系などの洗浄力の強すぎる成分が使われているものは避け、
また、旧表示指定成分のようなお肌への負担となりえる成分も入っていないにこしたことはありません。

旧表示指定成分が配合されていなければ問題ないかというとそういうわけでもありませんが、
配合されていない方がいいかどうかでいうといいに決まっています。

保湿については、ベビーソープがスキンケアの中でも洗い流すタイプの化粧品となりますので、
ベビーローションやベビーオイルほどの保湿力を期待することはできません。

それでもお肌に元々含まれているヒアルロン酸やセラミド、コラーゲン、アミノ酸などの保湿成分が配合されているベビーソープがお肌にも優しくおすすめです。

皮脂を奪い過ぎないということ自体が乾燥から守ることにつながりますので、
使われている洗浄成分の確認が非常に大切となってくると思います。

石鹸と液体タイプのベビーソープがありますが、
どちらでもかまいませんが、保湿力を重視するなら液体タイプのベビーソープの方が保湿力の高いものが多い傾向があります。

石鹸はシンプル成分である分保湿力は石鹸に使われている脂肪酸次第となります。

液体ベビーソープの中では泡ででてくるベビーソープが泡立てる必要がなく、
ママにとっても赤ちゃんにとっても入浴時の負担が減りおすすめです。

毎日使うものだから安く抑えたい気持ちは十分わかりますが、
毎日お肌に使うものだからこそ、品質にこだわって選んであげることが赤ちゃんの乳児湿疹などの肌トラブル予防につながります。

是非乳児湿疹にお悩みの場合はベビーソープ選びにこだわってみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加