ベビーローションの保湿ケアで乳児湿疹対策

乳児湿疹ケアといえば保湿ケアだと認識されている方は多いと思います。

乾燥がお肌のトラブルの原因となりますので、
乳児湿疹予防のケアとして保湿ケアを行うということは適切なケアであると思います。

では保湿さえできれば、どのような化粧品でも良いのかというと、
それは違います。

大人用の保湿化粧品ではなく、赤ちゃん用のベビーローションなどを使って保湿してあげましょう。

ベビーローションは大人用の保湿化粧品に比べ、低刺激で無香料なものが多いのが特徴です。

デリケート肌の赤ちゃんに適しているのがベビーローションです。

ベビーローション以外にもベビーオイルやクリームなどがありますが、
何が違い、どういう使い分けなのかを簡単に説明しますと、

まず、お肌のバリア機能というのは水分と油分によって保たれているということが重要であり、
水分よりか油分よりかによって化粧品が変わってくるということになります。

ベビーローションは多くの場合、乳液タイプのものが多く見られますが、
これは水分と油分のバランスが良い状態です。

水分重視なら大人でいうところの化粧水タイプのものを、
油分重視ならクリームやオイルタイプのものを選ぶのが良いでしょう。

乳児湿疹の中でも新生児ニキビや脂漏性湿疹など皮脂によるトラブルの場合には、
油分重視ではなく、水分重視の保湿ケアがおすすめです。

つまり、化粧水タイプかサラッとした乳液タイプです。

赤ちゃんの肌が乾燥でカサカサの場合には、
化粧水タイプの後にベビーオイルを塗ったり、もしくはしっとりした乳液タイプがおすすめです。

どのような場合にも使いやすい乳液タイプのベビーローションを持っておくと便利だと思います。

赤ちゃんのお肌はとてもデリケートなので、
ちょっとしたことですぐに乳児湿疹などの肌トラブルが起こってしまいます。

そのため、ご家庭でのデイリースキンケアによって赤ちゃんのお肌を健やかに保ち、
肌トラブルの起こりにくいお肌作りを目指してあげて下さい。

清潔・低刺激・保湿が乳児湿疹ケアのポイントとなります。
ベビーローション選びの際にも成分を確認して、お肌への負担となりえる成分が使われていないかどうかを確認し赤ちゃんのお肌に負担の少ないベビーローションを選んであげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加