その乳児湿疹の原因は洗濯洗剤かも?

我が子のお肌のケアは十分に行っているにもかかわらず、
乳児湿疹が一向に改善されない。

そんな場合には洗濯洗剤を疑ってみるのも良いかもしれません。

どうして洗濯洗剤なのかといいますと、
大抵の場合、雑貨扱いであり衣類などを洗うための洗濯洗剤に使われる洗浄成分は、
化粧品であるシャンプーやボディソープなどの洗浄成分よりも洗浄力の強い洗浄成分を使用しています。

洗濯する際に使った洗濯洗剤の成分が全てきれいに水に流れてなくなってくれれば問題ないのですが、洗剤の成分が衣類に残ってしまうケースがあります。

シャンプーやボディソープよりも刺激の強い洗濯洗剤の成分が衣類に付着したまま
それを赤ちゃんが着たりすると、汗かきな赤ちゃんなので、汗で成分が溶け出したりしてお肌に負担を与える可能性があります。

これが乳児湿疹の原因となっているケースもよく見かけられるようです。

このような場合、洗濯洗剤を見直す必要がありますが、
まずは洗濯時の洗剤の量が多すぎていないかも見直しましょう。

洗剤の量が多いと当然ながら衣類などの洗濯物に成分が残りやすくなります。

洗濯洗剤そのものを見直す場合は、
生分解性が高く、洗浄力が強すぎない洗濯洗剤を選ぶようにしましょう。

生分解性というのは無機物への分解されやすさを表しています。
台所洗剤や洗濯洗剤などによって排水された川が泡だらけになったというニュースなどが昔は報道されていたりしましたが、これは生分解性が低い洗剤によるものです。

生分解性が高いと短時間でほとんどが無機物に分解されますので、自然環境などに優しいだけでなく、赤ちゃんのお肌への負担面においても優しいと言えます。

洗浄力が高すぎる洗濯洗剤は衣類に残ってしまった場合にお肌への刺激も強い傾向がありますので、なるべく避けることをおすすめします。

かといっても洗濯洗剤の場合、洗浄成分名などが書かれておらず、
高級アルコール系といった記述である場合が多いので判断が難しいかと思います。

そのため生分解性の高さを重視した洗濯洗剤選びというのがおすすめとなります。

スキンケアをしっかりとしているにも関わらず、
乳児湿疹が次から次へとできてしまう場合には洗濯洗剤によるお肌への刺激が原因ではないかと疑ってみるのも良いかもしれません。

衣類だけでなく使うタオルにも洗剤の影響が及んでいる可能性がありますので、
注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加