赤ちゃんの汗疹対策にはベビーソープ選びが大切

汗疹(あせも)は大人もできる湿疹ではありますが、
やはり、赤ちゃんの方が汗疹ができやすいイメージがあります。

ちなみにイメージだけではなく、
実際赤ちゃんの方があせもができやすいのです。

その理由は赤ちゃんの体の汗孔と呼ばれる汗の出る穴の密集具合にあります。

赤ちゃんに比べ数倍の表面積を持つ大人と同じだけの汗孔を持つため、
ちょっと汗をかいただけでも赤ちゃんの場合は大量の汗となってしまうのです。

そして、あせもは基本的に夏場にできやすい特徴があります。
理由は当然、汗をかきやすい季節だからということです。

ですが、実際は冬場もあせもはできます。
なぜなら冬場は厚着をしているため、衣類との間に熱気がこもり汗をかきやすくなるからです。

赤ちゃんの場合も冬場に寒くないようにと厚着をさせ過ぎるとあせもができやすくなりますので、注意してあげましょう。

乳児湿疹の一つである汗疹(あせも)のケアは
とにかく汗を拭きとったり洗ったりしてお肌の清潔を保つことです。

その場合にはベビーソープ選びが重要になります。
それはどうしてかといいますと、夏場は汗もかきやすいですが、エアコンの影響でお肌が乾燥しやすくもなります。

汗ばかりかいていて乾燥とは無縁のように思えても実はお肌が乾燥していたりします。

しっかりと汗などの汚れを洗い流すのに必要な洗浄力。
そして洗うということは少なくともお肌への負担となることなので、成分的に刺激の少ないもの。
ベビーローションなどでの保湿まではどうかと思っている場合は保湿力の高さを。

といった3つの基準でベビーソープ選びを行ってあげると、
赤ちゃんのあせも予防対策としておすすめです。

あせもは乳児湿疹の中でも痒みを伴う湿疹なので、
ただでさえ、じめじめして暑い夏場などはそれに痒みが伴うと赤ちゃんがかわいそうですよね。

もちろんベビーソープ以外にも肌に優しいタオルやコットンなどで赤ちゃんのお肌の汗などをこまめに拭き取ってあげることも大切です。

ベビーソープの選び方を少し変えてあげるだけでも
赤ちゃんの敏感なお肌には目に見えて変化が表れる場合もありますので、
清潔面はベビーソープの見せ場でもありますので、どのようなベビーソープでも基本的にはあかちゃんのお肌をきれいに洗うことができますが、それ以外の低刺激・保湿力の2つのポイントを押さえたベビーソープ選びがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加