夏は赤ちゃんの「あせも」と「おむつかぶれ」にご注意を!

夏になるとどうしても汗がつきものです。

赤ちゃんは体温調節機能も未熟ですし、
汗のでる穴である汗孔が大人と同じ数だけあるので、
余計に汗かきなのです。

そうなると気になる湿疹が、
「あせも」と「おむつかぶれ」です。

赤ちゃんの乳児湿疹の中でもメジャーな湿疹であることは間違いありません。

おむつかぶれもなの?と思われるかもしれませんが、
おむつかぶれはおむつ内の環境悪化が原因の一つです。

おむつ内の環境を悪化させる要因は赤ちゃんのうんちやおしっこといった排泄物だけでなく、
汗も要因の一つとなります。

そういった要因によっておむつ内がムレてきて環境が悪化し、
雑菌が繁殖し、お肌への負担となりえます。

つまり、汗をかきやすい夏場は汗疹だけでなくおむつかぶれにも注意が必要ということになります。

注意をしましょう!だけでは何を注意したら良いのかわからないと思いますので、
注意すべき点を挙げていきたいと思います。

あせもの場合はこまめにコットンやタオルでの拭き取り、
ポイントとしては、乾いたコットンやタオル、濡らしたコットンやタオルの両方を用意しておくことです。

汗に含まれた成分が皮脂などと混ざって雑菌の繁殖につながったりもしますので、
濡らしたコットンなどで拭いてあげた後乾いたコットンやタオルでお肌の表面を乾かしてあげるのが理想です。

そして、入浴時にはしっかりとベビーソープで洗ってあげましょう。
汗のたまりやすい首や関節部分の内側などは念入りに洗ってあげると良いでしょう。

おむつかぶれの場合は、こまめにおむつ交換をするのが何よりも大切です。
おしっこやうんちをそのままにしているとおむつ内環境がどんどん悪化していきますので、
そうならないようにできる限りすぐに交換してあげるようにしてあげてください。

そして、おむつ交換の際のポイントが新しいおむつに替える前にしっかりと汚れたお肌をおしりふきコットンなどで拭いてあげて、その後乾いたタオルで水気がなくなるよう拭いてあげるか、お肌の表面が乾くまで時間を置くなどして、赤ちゃんのお肌の表面をしっかりと乾かした状態で新しいおむつを付けてあげることとなります。

雑菌にとって水気は嬉しい環境です。
せっかく新しいおむつに替えてもお肌が濡れていると雑菌が繁殖しやすくなってしまいますので、乾かしてからというのがおむつかぶれを予防するという意味でおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加