赤ちゃんは接触性皮膚炎が起こりやすい?

乳児湿疹には接触性皮膚炎というものもあります。

あるものに触れることによって起こる湿疹です。

そのあるものというのは、
刺激物や毒性のあるもの、アレルギーのあるものです。

アレルギーによるものは接触性皮膚炎の中でもアレルギー性皮膚炎と呼ばれます。

刺激物と言ってもいろいろあります。
例えば、洗剤やボディソープ、シャンプーなども肌に触れるので刺激となりえますし、
毒性のあるものでいうと、植物や昆虫によるものがあります。

アレルギーといえば、金属や植物、ハウスダストなどがあります。

こういった接触性皮膚炎は赤ちゃんに限らず大人でも起こることですが、
赤ちゃんの場合は特に皮膚が薄く刺激に弱いので、
ちょっとしたことで接触性皮膚炎が起こりやすくなります。

色んなものが原因となりえますので、
赤ちゃんのお肌に湿疹ができた際には、
いつ、どこで、何をしている時にできたのか、わかる範囲で書き留めておくことをおすすめします。

入浴後によくできるというのであれば、
原因はベビーソープや石鹸、タオル、衣類のどれかである可能性が高いということになります。

タオルや衣類そのものに原因はなくても、それらを洗っている洗剤に問題がある場合もあります。

おもちゃで遊んでいる時にできるというのであれば、
おもちゃの素材に対してのアレルギーかもしれません。

接触性湿疹の場合、触れた箇所に起こりますので、
湿疹ができた「箇所」も書き留めておきましょう。

よくあるのが、口周りの湿疹でよだれが原因となっているパターンです。

このようにどのようなシチュエーションでいつ、体のどの部分に湿疹ができたのかを調べておくと接触性湿疹だけに限らず、乳児湿疹全般の対処につながりますので、是非おすすめします。

特にアレルギー性皮膚炎は原因の特定がとても大切なので、
しっかりとママやパパが赤ちゃんの行動を把握してあげて、対処できるようにしておいてあげてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加