食物アレルギーによる乳児湿疹にご注意!

乳児湿疹といっても湿疹の種類は様々です。

その中には食物アレルギーによる乳児湿疹もあります。

赤ちゃんが母乳や粉ミルクによる食事から離乳食を始めた際に一番気を付けたいのが食物アレルギーです。

赤ちゃんの食物アレルギーで多いのは、
卵、小麦、魚です。

もちろんそれだけでなく、様々な食品に対してアレルギーの可能性があります。

食物アレルギーの反応はお肌の湿疹つまり、乳児湿疹として表れたり、肌がカサカサになったり、痒みがでたり、様々です。

さらには呼吸に影響がでたり、目のまわりに症状が表れたり、下痢や腹痛、嘔吐などの症状もあります。

食物アレルギーの対処法は原因となるアレルゲンを取り除く以外にありません。

逆にいうとアレルゲンさえ取り除けば症状は治まります。

食物アレルギーは症状によっては命にかかわる事態となることもありますので、
離乳食を始めた際にはアレルギーが起こりやすい食事は避け、
さらに、与えた食事や食べた時間などはメモするなどしておくことをおすすめします。

赤ちゃんの頃はアレルギーであった食べ物も大人になるにつれて消化器官が発達し食べれるようになる場合もあります。

大切なことはママ自身がこれって食物アレルギーかも?と少しでも思った場合は、
すぐに病院に行って診察してもらうことです。

その際にいつ、何を食べたかを把握していれば、お医者さんも判断しやすいですよね。
お医者さんの指導のもとアレルギー検査を行い、アレルゲンとなる食品を特定してあげましょう。

食物アレルギーによる乳児湿疹はよく注意していれば、気付きやすいといえます。
他の乳児湿疹に比べ突然起こる湿疹なので、食事の時間などを把握していれば、ハッと気づくことができるかもしれません。

ママやパパの日々の観察力がものをいいます。
是非大切な我が子を食物アレルギーから守ってあげるために、「いつ、何を食べたか」ということはしっかりと把握しておくようにしましょう。

食物アレルギーは原因を特定すれば解決する反面、命にかかわるほどのひどい症状となる可能性もありますので、慎重かつ早急な対応が大切となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加