ベビーソープを替えたらあせもは治る?誤解と真実!

ベビーソープで汗疹(あせも)は治るでしょうか?

これはイエスでもありノーでもあります。

正確にいえば、ベビーソープによってあせもを治すことはできません。
ですが、ベビーソープを替えることによってあせもが治るといったことは起こります。

ここに汗疹に関する誤解と真実があります。

汗疹は汗によってできる湿疹です。乳児湿疹の中でもメジャーな湿疹ですよね。
つまり、ブツブツができて炎症を起こしたり、痒みが出たりしている状態なわけです。

そのブツブツや炎症、痒みをベビーソープが改善できるかというと当然できません。
それは無理です。

でもベビーソープ変えたらあせもが治ったんだけど?
という疑問がでてくるかと思います。

ベビーソープが汗疹に関して役立つのは基本的に洗うことによってお肌を清潔に保つという点です。

汗疹は汗をかきっぱなしにしないことが一番の予防となりますし、
汗疹ができた後も汗のかきっぱなしはよくありませんので、基本的にお肌をキレイに清潔に保ってあげることが重要です。

そして、ベビーソープを替えることによって出てくる違いというのは、
「お肌への刺激」と「脱脂力の違い」です。

ベビーソープに配合されている成分の種類によってはお肌への負担が大きく、お肌を弱らせてトラブルを起こしやすくなります。

また、ベビーソープには洗浄成分が配合されていますが、洗浄成分によっては皮脂を落とす力が強く、過剰に皮脂を奪い過ぎてお肌を乾燥させてしまうこともあります。
お風呂上りに乾燥しやすいのはそれが理由となりますが、お肌は乾燥するとこれまたお肌自体が弱って肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

ではもし、今使っているベビーソープがお肌への刺激が強く、脱脂力も強いものであり、それを低刺激で潤いを残して洗えるベビーソープに変えるとどうなるかといいますと、お肌は負担が減り、お肌が本来持っている治癒力のようなものを機能させることができ、汗疹を自信の治癒力でケアすることができたりします。

それによって湿疹が治るということはありえるかもしれません。
汗の処理をきちんと行ってお肌を清潔にすることを心掛けるとよりよいでしょう。

つまり、ベビーソープで汗疹が治ると誤解している方が多いのですが、
ベビーソープを替えることで刺激や乾燥が改善されて汗疹自体も改善されることはあるにしろ、基本的には日々の汗の処理が最も大切であるということが真実です。

ただし、赤ちゃんのお肌に優しく、潤いを残して洗えるベビーソープを使うことは、あせもに限らず、乳児湿疹ケアとして赤ちゃんのお肌を健やかに保つために役立ちますので、おすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加