新生児ニキビの原因と対策

赤ちゃんの乳児湿疹の中でも多いのが新生児ニキビです。
ニキビのできるメカニズムは赤ちゃんも大人も同じですが、
原因発生の理由が異なります。

大人の場合だと不摂生やストレス、ホルモンバランスの乱れなどによって皮脂分泌が過剰になりニキビとなるケースが多いのですが、
赤ちゃんの場合はそういった理由で皮脂分泌が過剰になるのではなく、
お母さんの胎内にいた頃に受けたホルモンの影響で皮脂分泌が盛んになります。

皮脂分泌が盛んとなる期間は生まれて3ヶ月くらいまでといわれていますが、
もちろん個人差はあります。目安として3ヶ月くらいと思っておけばいいと思います。

つまりその期間が新生児ニキビができやすい期間とされています。
生後4週間くらいまでの赤ちゃんを新生児と呼びますが、
ホルモンの影響が強く残っている新生児の時期にこそ起こりやすい湿疹ということですね。

時間とともにできにくくなってくるが新生児ニキビの特徴ではありますが、
デイリーケアとしてスキンケアをと考えるのであれば、
過剰な皮脂を拭いたり洗ったりして取り除いてあげることが大切です。

注意しておきたいことは洗い過ぎや拭き過ぎになることです。
新生児ニキビの原因となるからといっても皮脂自体はお肌に必要であり、皮脂とお肌の水分によって肌のバリア機能は保たれています。

なので、皮脂の取り除き過ぎはお肌の乾燥を招いたり、余計に皮脂分泌を盛んにさせることとなってしまう恐れがあります。

ベビーソープなどを使うのは1日に一回に留めておくことがおすすめです。
それ以外でどうしても皮脂が気になる場合はコットンで拭き取ってあげるか、ぬるま湯で流してあげるくらいにしておきましょう。

そして、新生児ニキビの症状が悪化してしまった場合はどうすれば良いのかという悩みを持つお母さんも多いと思いますが、炎症を起こすほど悪化した場合は病院に行ってニキビ用の薬を貰ってあげましょう。

炎症状態が長引くのはお肌にとって良くありません。とにかく今のニキビの炎症を抑え、治してあげてからニキビができないように予防の意味でデイリーケアを行ってあげて下さい。

新生児ニキビ予防対策としておうちでできるケアなどの情報についてはこちら
新生児ニキビ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加