赤ちゃんの汗疹(あせも)の原因と種類と対策【乳児湿疹の知識】

赤ちゃんは汗疹ができやすいのですが、それには理由があります。

汗はどうやってお肌の表面に出てくるのかというと、
皮膚の真皮にある汗腺から汗が出てきて、角質層を通る汗管を通って、汗孔という穴から皮膚表面に出てきます。

汗疹には3種類あり、
汗腺付近の皮膚の深いところでできる汗疹を「深在性汗疹」と呼び、
汗管から皮膚に汗が漏れだすことによってできる汗疹を「紅色汗疹」と呼び、
汗孔付近で水疱のようなものができる汗疹を「水晶様汗疹」と呼びます。

この中で深在性汗疹はまずならないので気にしなくていいと思います。

なぜなら、熱帯気候のような場所で長時間汗をかくような仕事を続けない限りはならない汗疹だからです。空調の整った日本でなることはまず考えにくいです。

水晶性汗疹もあまりできないですが、急に日焼けしたりすると水疱のようなできたりしますが、それが水晶性汗疹です。

痒みもなく、皮膚表面がめくれるとなくなります。
原理としては、汗孔が詰まって皮膚表面部分で汗が出れずに水疱となったという状態です。

赤ちゃんから大人まで一般的に汗疹と呼んでいるのは多くの場合紅色汗疹のことです。
赤みのあるブツブツができ、痒みを伴うことが多いのが特徴です。

これは先ほども言った通り、汗をかきっぱなしにしていると、皮膚表面が汗で覆われ、汗管にある汗が行き場をなくし、皮膚に漏れ出すことによって炎症を起こすとされています。

それともう一つ汗疹の原因として挙げられているのが、
お肌の表面に常在している菌の影響によるものです。

汗をかくとその中の表皮ブドウ球菌が増殖し、それが汗疹と関係しているのではないかという見方もあるようです。

いずれにしろ、いえることは一つで、汗をかきっぱなしにして放置しないことが重要です。
汗を放置することで行き場をなくした汗が汗管から皮膚に漏れ出したり、表皮ブドウ球菌が増えたりするわけなので、汗を放置しないようにすることが一番のケアになります。

赤ちゃんの場合は特に汗っかきなので、着させる肌着は吸水性と通気性の良いものを利用し、こまめに濡らしたコットンなどで拭き取ってあげたりすることも大切です。

お風呂の際にはしっかりとベビーソープや石鹸などでお肌をキレイに洗って清潔にしてあげましょう。

めんどくさがらずにこまめに汗のケアを行ってあげることが汗疹(あせも)予防に一番効果的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加